本の自炊 仕事の効率化

スキャナーのある生活1【はじめに】

自炊とは

自炊とは紙の本をスキャナーを使って電子書籍化することです。電子書籍化することによってタブレット端末やパソコン・スマートフォンに書籍を入れて持ち歩くことができます。この記事では本から電子書籍をつくる方法をご紹介します。

なぜ自炊をするのか

電子書籍化した本をスマートフォン・タブレット端末にいれてたくさんの情報を持ち歩ける

私が自炊の始めた一番の理由は仕事で使う書籍をスマートフォンに入れて持ち歩きたいと思ったからです。私はスマートフォンに仕事で使う本を70冊ほど入れて持ち歩いています。仕事中どうしても書籍で調べたいことがあったときは、さっとポケットから取り出して確認できるので便利です。

書類を整理できるので部屋がきれいになる

自炊をしようと思ったもう一つの理由が部屋を整理整頓できるという点です。年々本や書類が増えてきており、置き場所に困っていました。これらをスキャンしPDF化することで本や書類を処分することができ、結果的に部屋を整理整頓することができました。

自炊=スキャナーが必要

本を自炊するには、自動で紙送りをしてくれるタイプのドキュメントスキャナー(ScanSnap iX500やDS-570W など)が適しています。私はEPSON DS-570Wを購入しました。1年半で書籍を200冊以上、小さな冊子や書類を含めると600以上のPDFファイルを作成しました。大量の情報をスマートフォンに入れて持ち運べるようになり非常に満足しています。

スキャナーのある生活

スキャナーのある環境を構築するまでの手順を順を追ってお示しします。
まずは、【準備・設置編】からご覧ください。
スキャナーのある生活2【準備・設置編】
スキャナーのある生活3【裁断編】
スキャナーのある生活4【スキャン編】

-本の自炊, 仕事の効率化
-,

Copyright© 生活プラスワン , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.